暗闇で残業

101006-1101006-2
当地岩手県の県南部では猛暑の影響で約一週間早く稲刈り作業が進み、機械の調子も順調みたいで今日は静かな一日です。
さて!私はタップリと貯めてしまった9月分の修理伝票の作成でお店に缶詰状態になってましたが夕方近くにお客様からコンバイン故障の連絡があり、現場へ行くとクローラの中に付いてる車輪の部品が取れちゃってます。
クレーン付きのトラックで行きましたが・・・道路の反対側で動けなくなっているので残念!
修理する前に故障したコンバインの中にある籾を隣の田んぼで稲刈りしている方のコンバインに移してもらってからジャッキで持ち上げてクローラを半分脱がせ、残りの部品を外して一度サービス工場へ戻って工場長に部品の組み立てをお願いしてる間にもう一軒別の修理を済ませて再度田んぼへ向かった時は外は暗くなってしまいました。
暗くなってから1人でここにいると街の明かりが恋しくなります。
でも、明日から稲刈り作業が出来るので良かったですね。

関連記事

  1. ネズミのイタズラ

  2. ポロリ

  3. 野ざらしの管理機

  4. ホンダ汎用機保証修理判定員 再認定講習会

  5. コンバイン結束機の修理

  6. 今年初のエンジン始動!?

  7. エンジン焼き付け修理

  8. 雨が降っても

  9. コンバインクローラ 今度は反対側

アーカイブ