コツコツと、磨きます


自宅倉庫に置いてあるエスロクのエンジンです。(エンジン以外は散らかっててお見せできませんが)

スチールウールやナイロン製、真鍮製、ステンレス製のいろんな形状のブラシと汚れ落し使う洗剤やガソリン、シンナー、キャブクリーナーを使って先月から休日の気が向いた時にコツコツと磨いてますが結構時間がかかる作業で、細かい箇所はブラシが届かなくてキレイになりませんね。

完全復帰の計画はまだ思いつかないけど、フレームをどのように仕上げるか考え中です・・・じい様になる前に乗れるかな?

関連記事

  1. オイルパンの取付

  2. ラジエーターの修理依頼

  3. 「化学の力」?で、直します

  4. 下手くそ溶接

  5. コア増しラジエーター完成!

  6. シックネスゲージ大活躍

  7. クラッチ対策

  8. 小部品が立派になって戻って来ました!

  9. ヘッドカバー開けてチェンテンショナー点検

アーカイブ