エンジンにクラックが・・・私の頭もクラっとします・・・

数年前に手作業で半分磨いて放ってたエンジン&ミッションを重曹ブラストする為に作業前にセルモーターとジェネレーターを外して外部の穴という穴を全てマスキングテープで塞いで、エキゾーストマニホールドも邪魔なので取付ナットを緩めながらエンジンを眺めてるとマニホールドのちょうど上のプレートカバーに汚れの塊があるので取り除こうとしたら・・・コレってパテ?

嫌な予感がして塊を取り除いてカバーを外すと内部は冷却水路になっており、よく見るとクラック(ヒビ割れ)を発見・・・不凍液じゃなく水を入れていたせいで凍結して割れたんでしょうね、亀裂の周辺には歪みもあります。(ガッカリです!)

分解する以前の当時は調子良く動いていたのでこの状況を知りませんでしたが、前のオーナーさんはパテを使って頑張って漏れを防いでたんでしょうね。
(エンジンを下ろさなきゃ修理出来ないし、パテを盛るので精一杯だったのかもしれません)

クラック周辺をキレイにして重曹ブラスト作業を終わらせてから、近場のアルミ製品を製作しているメーカーさんに肉盛り溶接して頂く事になりました。

関連記事

  1. 台風なので

  2. 茶の間でレストア

  3. マフラーパイプ付根の修復作業

  4. 冷却水を入れてみました

  5. ラジエーターの修理依頼

  6. 小部品が立派になって戻って来ました!

  7. 仮組み→本組みへ

  8. フレームの再生準備

  9. 趣味はおあずけ

アーカイブ