マフラー開腹


腐食して穴が開いたマフラーのサイレンサーをカットしたら中のグラスウールがサンダーの火花で燃えて煙が出てとっても臭かったです。(水をかけて消火しました)

マフラーの修復作業は良さげな厚みの鉄板やパンチングメタルとグラスウールを手に入れてからなので、まずはこのまま放置、シャシー関係の組立に集中して作業します。

関連記事

  1. アルミ溶接完了!

  2. 本溶接、失敗!

  3. 台風なので

  4. 仮組み→本組みへ

  5. フレームの再生準備

  6. マフラーパイプ付根の修復作業

  7. サイレンサー鉄板曲げ

  8. 今夜もマフラー

  9. 冷却水を入れてみました

アーカイブ