ヘッドカバー開けてチェンテンショナー点検

エンジンを載せれる日はまだまだ先になりますので、ヘッドカバーを開けて内部を点検しました、カバーを開けると内部は凄いスラッジでだらけです、幸いカムシャフトはキズや摩耗が無かったのが救いように見えます。

ヘッドカバーを開ける前の不具合はボルトのネジ穴が2箇所ナメていて修正が必要、更にカバーを開ける際にボルトを1本折ってしまった・・・

チェーンテンショナーもl外して点検・・・ローラーは交換ですね。

関連記事

  1. 休みも会社でチョット溶接!

  2. 仮組み→本組みへ

  3. オイルパンの取付

  4. セルモーター

  5. これも塗装依頼しました

  6. 本溶接、失敗!

  7. ディスプレー状態のエンジンです

  8. ステアリングシャフト入手!

  9. 若かりし、バカな事

アーカイブ