大荒れの天気予報に備えます

今月の初積雪で我が家のホンダ除雪機HS660を動かしたら燃料コック付近からガソリンがジワジワと漏れていました。

どうせお決まりのストレーナーのパッキンだと頭から思い込んでパッキン交換しても漏れは直らず・・・よーく見るとコックレバーの根元から滲んでいるのでコックのパッキンでした。(←お客様の機械だと慎重に見極めてから作業するのに自分の機械だと適当に考えて勘違い・・・ダメですね!)

後で後でと思ってるうちに明日は大荒れの天気予報、切羽詰まって燃料コックのパッキンをやっと交換しました。

燃料コックを分解するので燃料タンク内のガソリンは全て抜いてから交換します、部品交換の前のガソリン抜きのほうが地味に面倒な作業に思ってしまいますが、燃料を抜かずにコックを分解すると大変な事になります。

さあ準備万端!あとは寝坊しないように・・・

関連記事

  1. 整備完了! 中古ホンダ除雪機HS970 (09年10月24日…

  2. 雪を飛ばすタイプから、押す除雪機へ

  3. 究極の応急処置?

  4. ホンダ除雪機の入荷作業

  5. 休みも会社でチョット溶接!

  6. 今度はもっと快適ですよ!

  7. コレは、大変です

  8. 原因は、オイルの入れすぎでした

  9. ホンダ除雪機 2012年モデル

アーカイブ