クラッチ対策

レリーズアームとシャフトを固定するボルトが折れてクラッチ操作が出来なくなるというエス特有の持病をネットで知り、エンジンからミッションを分離させて確認するとまだ対策されてない状態でした。

作業するのにひと通りの道具は有りますが失敗は許されない箇所なのでゆーらしあパーソナルサービスさんへ加工がを依頼したシャフトとアームが届いたので早起きして早速組付しました。

スプリングピンの長さは若干長いため余分をカットして圧入して組付完成!、エンジンと合体するのは、また後で・・・後で・・・部品表を見るとボルトの緩み止めワッシャーが付いているようでしたが分解した時には無かったので気付きませんでした・・・ダメだ気になる、キチンと付けなきゃ・・・という事でやり直しです。

関連記事

  1. ヘッドカバー開けてチェンテンショナー点検

  2. 仮組み→本組みへ

  3. ハネルコートV初体験!

  4. 「化学の力」?で、直します

  5. マフラー開腹

  6. セルモーター取付

  7. フレームのレストア

  8. ラジエーターの修理依頼

  9. エスのマフラーです

アーカイブ