耕うん機 FF300サラダ エンジン不調

080722
昨年ホンダミニ耕うん機FF300サラダを購入していただいたお客様から「去年使用して今年も動かそうとしたらエンジンが始動しない、まだ新しい機械なのに」とサービスコールで現場にて診断、燃料タンク内を確認したら劣化して変色したガソリンが入ってました。(何年か前に購入してポリ容器に保管していたガソリンだそうです)
保管場所は外に置きっぱなしで燃料コックも開いたまま・・・キャブレターのフロートカップを外して確認すると燃料が腐っており、水も混入しておりました。
故障原因を説明してキャブレターを取外して清掃し、燃料タンク・コック・ホース内も燃料を抜き取って清掃し、新しいガソリンを入れて動作確認、修理完了!
買い置きしていた古いガソリンは処分し新しいガソリンをスチール製ガソリン携行缶で保管、耕うん機の保管場所は屋根のある場所へ、使用後は燃料コックを止め、2~3ヶ月以上長期間使用しない場合は燃料を抜き取るようにメンテナンス指導しました。(大事に使ってくださいね)

関連記事

  1. ポロリ

  2. ネズミのイタズラ

  3. 簡単に直ると思っておりましたが・・・

  4. エンジン焼き付け修理

  5. 膨らんでサビた携行缶は、処分します。

  6. 3連休 3日目

  7. 雨が降っても

  8. 今日もテキパキと、パタパタと

  9. ホンダ運搬車の修理

アーカイブ