エンジン焼き付け修理

100731-1
100731-2100731-3
稲刈機械を改造した作業機のエンジンが焼き付いたため、代替えの作業機を頼まれてお客様の会社へ配達してきました。
帰り際に焼き付いた作業機の状況を聞くとエンジンが急に止まってしまいスターターロープを引いてもロックして引けなくなり、エンジンオイルの量を点検したら空っぽになってたそうです。
仕事が忙しいお客様の会社では購入してから一度もエンジンオイル量を点検せずに使っていたそうで、修理代が安く仕上がる可能性があれば予備として直しておく提案をし、ダメージを確認するためにエンジンを持ち帰りました。
分解してみるとオイル不足特有の症状でコンロッドが溶けてクランクシャフトに焼き付いてました。
ピストンとピストンリングは大丈夫でシリンダーもOK!クランクシャフトは焼き付け傷が浅いので研磨して新しいコンロッドを取り付ければ上手く直りそうです。
修理見積をして依頼を頂き、エンジン修理を手がけるのがすごく楽しみです。

関連記事

  1. 今年初のエンジン始動!?

  2. コンバインのクローラ交換

  3. コンバインクローラ 今度は反対側

  4. 3連休 3日目

  5. 今日もテキパキと、パタパタと

  6. 膨らんでサビた携行缶は、処分します。

  7. 雨が降っても

  8. 連休 2日目

  9. 野ざらしの管理機

アーカイブ