走らないのは…

除雪機の走りが悪くなって、とうとう走らなくなったという修理依頼で除雪機のエンジンをかけて動かしてみると、確かに走りませんね?
140107-1
走行ベルトを点検すると良好で走行クラッチを入れたときのベルトの伝達もスムーズなので、もしやと思いHSTの油圧走行切り替えレバーを見るとレバーを押さえるスプリングが外れていて手押しの位置に・・・これじゃあ走らないしミッションケースの周りにはカッチカチの大きな氷の塊がありました。
大きな氷の固まりが動いたせいで油圧走行のHST切り替えレバーを押さえるスプリングが外れてしまって、手押しの位置になったのかな?
スプリングを元の穴に引っ掛けて、レバーを自走の位置に戻すと問題なく除雪機が走行できました。
140107-2
氷を砕いて取り除いて修理完了ですが話を聞くと除雪しないで圧雪した場所を走行した事があったようで、下のミッションの方へ雪が入りんで固まっちゃったみたいです。
走行ベルトの交換じゃないので、修理代がお安く済んで良かったですね。

関連記事

  1. バッテリー端子の取り外しについて

  2. エンジンがブスバス!

  3. 突然のエンジン異音

  4. バッテリーが上がると・・・

  5. 雪、ガンガン飛ばします!

  6. シューターが、凍ってました

  7. 中古 ホンダ除雪機 HS760 (08年12月27日 ご成約…

  8. ホンダ除雪機、入荷されるんですが・・・

  9. 膨らんでサビた携行缶は、処分します。

アーカイブ