走らないのは…

除雪機の走りが悪くなって、とうとう走らなくなったという修理依頼で除雪機のエンジンをかけて動かしてみると、確かに走りませんね?
140107-1
走行ベルトを点検すると良好で走行クラッチを入れたときのベルトの伝達もスムーズなので、もしやと思いHSTの油圧走行切り替えレバーを見るとレバーを押さえるスプリングが外れていて手押しの位置に・・・これじゃあ走らないしミッションケースの周りにはカッチカチの大きな氷の塊がありました。
大きな氷の固まりが動いたせいで油圧走行のHST切り替えレバーを押さえるスプリングが外れてしまって、手押しの位置になったのかな?
スプリングを元の穴に引っ掛けて、レバーを自走の位置に戻すと問題なく除雪機が走行できました。
140107-2
氷を砕いて取り除いて修理完了ですが話を聞くと除雪しないで圧雪した場所を走行した事があったようで、下のミッションの方へ雪が入りんで固まっちゃったみたいです。
走行ベルトの交換じゃないので、修理代がお安く済んで良かったですね。

関連記事

  1. 上手に雪かきしてますね

  2. ホンダ大型除雪機 HS1810Zが入荷しました

  3. 中古ホンダ除雪機 整備完了!(10年3月6日 ご成約しました…

  4. 保管整備の引取です

  5. 除雪機のシューター、動かず

  6. 早期予約のホンダ除雪機

  7. 絡まりすぎです!

  8. バッテリー端子の取り外しについて

  9. 休みも会社でチョット溶接!

アーカイブ