バッテリーじゃないのね!

121211-1121211-2
セルモーターが回らないので新しいバッテリーを交換して欲しいと依頼されて現場で確認するとセルが勢い良くチョット回るだけで途中でロックしてしまいます。
コレはオーバーフローを起こしてシリンダー内部にガソリンがタップリ流れ込んでいるようで、キャブレター付近からもガソリンが漏れています。
バッテリー交換依頼なのですぐ終わると思い込んで来ましたが、カンタンなバッテリー交換じゃなく時間のかかるキャブレターのオーバーホールになります。
(燃料のガソリン、キャブレターの中でガッチリ劣化してます!)
キャブレターを外してさらに細かく分解して内部の劣化したガソリンをキャブクリーナーで溶かしてキレイに掃除した後は、プラグ取付穴にウエスをあてがってセルモーターを空回しさせてオーバーフローで溜まったガソリンを吹き出させて修理完了!エンジンオイルにはガソリンは混入していませんでした。
シーズンオフ時は燃料タンクだけじゃなく、キャブレター内部に入っているガソリンも忘れずに抜き取り願います。
長期間使用しない場合は除雪機の燃料管理もやっぱり農機具と同じなんだ~!と納得されますが、忘れそうになりますよね。

関連記事

  1. 減り過ぎると、危険ですよ

  2. 今日のお昼休みは

  3. 美味しいお店にホンダ除雪機

  4. サビだらけのモーター

  5. 今年最後のお仕事です

  6. やっと 除雪機が1台入荷

  7. 何年も、野ざらしだったそうです

  8. ホンダ大型除雪機 HS1810Zが入荷しました

  9. ホンダ除雪機の梱包作業

アーカイブ