ハイブリッド除雪機の修理

101228-1101228-2
年末もご注文いただいた除雪機の納品や故障修理の依頼で毎日忙しく、バタバタしております。
豪雪地域にお住まいのお客様に2002年に購入頂いて以来、ずっとノントラブルで大活躍だったホンダ中型ハイブリッド除雪機が、走行すると金属がこすれるような大きな音がして困ったとの事で修理に行ってきました。
(走行部はモーター駆動なのに金属音?ありえない・・・)
実際に走行させて車速を早くするとギャ~~ッ!と、ものすごい音ですね。
ハイブリッド除雪機の走行部はエンジンの力で発電した電力で走行しますが、走行部関係の故障は今まで発生した事例が無いし、音が発生する場所も別なのでエンジンカバーを外して調べてみると原因は発電部であるエンジン~ジェネレーター間にあるベルトをよく見ると磨耗してます。(発電部に負荷が掛かった時のベルトがスリップ音でした)
ベルトのスリップ音はキュ~~って音がするんですが、でもこのベルトはギャ~~ッという金属音みたく聞こえますね?お客様と一緒に笑っちゃいました!
ベルト1本の交換で修理完了、まだまだ現役です!

関連記事

  1. シューターが、凍ってました

  2. ホンダ除雪機の配達

  3. 中古ホンダ除雪機HS970の整備が完成間近です

  4. ガソリンの劣化

  5. ガンバって使ってますね!

  6. 雪、ガンガン飛ばします!

  7. 予定日どおりに除雪機を納品です

  8. 除雪機のダンパー交換メモ

  9. 原因は、オイルの入れすぎでした

アーカイブ