減りすぎですよー

110205-1
110205-2110205-3
壊れた操作スイッチの修理でサービス工場に入庫した除雪機ですが、ついでに除雪部の状態も点検するとソリのオーガ・スキッドガードやスクレーパーが磨耗限界を超えて使用したせいで、回転して雪をかき集めるオーガが地面に接触した状態で使用されたためにギザギザが早く摩耗してます。(摩耗の具合は新しい除雪機の写真と比較してみて下さい)
機械なので部品が消耗するのは避けられませんが、これは減りすぎですねー。
ソリのオーガ・スキッドガードとスクレーパーは交換が必要ですし、修理代が高くなりますが回転部のロータリーオーガも交換したほうが良いかもしれません。
あと、新雪での除雪作業は除雪部を地面に強く押し付けなくても軽く地面に触れるくらいでキレイに除雪されますよ。

関連記事

  1. 除雪機の走行部修理が終わりました

  2. バッテリー端子の取り外しについて

  3. ホンダ除雪機の入荷作業

  4. 新しい除雪機で、良いお年を!

  5. ユキオスの操作、がんばって!

  6. レディパルスチャージャー、入荷しました

  7. 野ざらしの除雪機修理

  8. クロスオーガ除雪機、販促品だけ入荷

  9. 保管整備の引取です

アーカイブ