今日の出張修理(軸ピン交換)

昨日の夕方、小型ハイブリッド除雪機が発売された2004年に購入頂いたお客様からシャーボルトは折れていないのに除雪部の回転が変だとのの修理依頼で伺いました。

オーガロックボルトやオーガ軸ピンは異常無し、ブロワも手で回すとエンジン停止時なので除雪クラッチのブレーキも効くしオーガも回る・・・回るけど、ブロワからオーガギアケース間のパイプに付いてるピンが折れてるのを見つけて交換、修理完了です。

ピンを差し込む際にパイプとその中に入っている駆動シャフトの穴を合わせれば交換は簡単です。

回転がおかしいとの事なので購入後15年以上経過しているため、除雪部の電磁クラッチや駆動シャフトを先に疑ってしまいピンが折れているのを見つけるのがチョッと遅れてしまいましたw

ピン交換、動作確認、オッケーです!でもパイプのピン穴が摩耗して大きくなってますし気になる箇所が沢山見られます、頑張ってる除雪機のために全体的な点検整備をしましょう。(この箇所は機番や型式によってピンじゃなくボルトが採用されている場合がございますのでご注意を)

関連記事

  1. ホンダ除雪機08年モデルがドンドン入荷します

  2. 膨らんでサビた携行缶は、処分します。

  3. 除雪機の積載

  4. 私も工場で作業しますよー

  5. シューターが、凍ってました

  6. 何年も、野ざらしだったそうです

  7. ホンダ除雪機の盗難保証制度「安心プラス」

  8. 寒波で雪降り

  9. 留守電

アーカイブ