動作点検です

定期的に動作点検を依頼されているお客様の除雪機、今年も確認のために診に来ました。
151203-1
冬の1シーズンしか使用しない除雪機のバッテリーは放電するためにセルモーターを回す力が弱いですね、バッテリー液も蒸発していたのでバッテリー液を補充して充電します。
(真夏の日の当たる場所や車庫の中は高温になるため、バッテリー液が蒸発している場合がございます)
151203-2
次はオーガやオーガスクレーパーの磨耗を防ぐ役割も保つための左右に付いているスキッド(ソリ)の点検ですが、かなり減ってますね。
取付位置の調整で済ませてもシーズン途中で折れてしまうので早めに交換をします。
151203-3
スクレーパーは去年調整したのでOK、オーガースキッドの取付はスクレーパーから約2〜4ミリ浮いた状態なので、ちょうどいい厚さの鉄板をスクレーパーの下に置いて軽く触れる位置までオーガを下げてからスキッドを地面に触れた位置で取付ナットを締付します。

スクレーパーやスキッドは、標準取付位置の調整が型式によって異なる場合がありますので、ご注意願います
(詳しくは取扱説明書に記載されております)

関連記事

  1. 整備完了! 中古ホンダ除雪機HS970 (09年10月24日…

  2. 今度はもっと快適ですよ!

  3. ユキオスの出番です!

  4. 突然のエンジン異音

  5. コレが小さい除雪機?

  6. 飛びますねー

  7. ホンダ除雪機08年モデルがドンドン入荷します

  8. 保管整備の引取です

  9. やっと 除雪機が1台入荷

アーカイブ