ママドーザーの先端ブレード外し


押すタイプのホンダ除雪機 SB655の点検整備中にブレード先端の黒いスクレーパーが摩耗して、赤いブレード本体まで削れる寸前になっていました。

このタイプはスクレーパーを上下反転させればまだ使えますので6角穴ボルトを緩ませますが、6角穴がナメないようにレンチを差し込んだ状態でハンマーでショックを与えてから緩ませています。

どうしても緩まない場合は六角ボルトにナット等を溶接して、頑張ってボルトをゆるませます。

関連記事

  1. 究極の応急処置?

  2. 地味な部品ですが・・・販売中です

  3. シューター旋回モーターがロック?

  4. 除雪機の出張点検

  5. 除雪部の高さ位置変更

  6. 予想外の冬?

  7. コレって、 使い過ぎ?

  8. 納品後の恐怖

  9. HSM1590i、入荷しました!

アーカイブ