部品は換えずに代替えして頂きました


ホンダ刈払機UMK425-UVJTの組立や動作確認等、納品準備に取りかかります。

UMK425Hほうが販売価格が安いけど、地元ではナイロンコードを使われるお客様が少なく、軽量のUMK425が多く売れています。

お客様宅で田植機の庭先点検依頼のついでにホンダ刈払機のエンジンオイル交換も依頼されました。(親子で使われているので2台所有されております)

2台共エンジンの始動性や動作は絶好調、ギアケース内のグリスアップをしようとしたらハードな使用感のある1台はギアケースの端が減りすぎていて、ボルトガードも減って刈刃取付ボルトの角も丸くなっていました。

この1台は刈刃全体が草に当たるよう刈ってて、しょっちゅう草を絡めてたそうです。
(上手な草刈り作業の要領は刈刃の上半分を草に当てて刈るような気がしましたが・・・)

ギアケースのみの値段は税別で1万円以下ですが、部品交換して直すより刈払機本体を新しく買い替えするとの事になりました、お買い上げありがとうございます!

お客様一人一人の考えは様々ですが自分の刈払機だったら修理して直して使うな?・・・下取したホンダ刈払機は中古修理が好きなお客様行きです。

関連記事

  1. 刈払機の、エンジンが脱落?

  2. 寒いけど、草刈シーズンが近いですね

  3. 週の初めは修理から

  4. 草刈シーズンになりましたね

  5. 部品交換のついでに

  6. 刈払機の修理とか

  7. 刈払機トラブルの日?

  8. 涼しぃ~!

  9. オバケみたいなナイロンコード

アーカイブ