厄介な水の混入

100806-1100806-2
草刈機のエンジンが始動しないと工場へ持込された刈払機です。
診断するとプラグの状態は良好で、キャブレターのプライマリーポンプを押すと燃料もきちんとキャブレターまで吸い上がっていますが燃料タンク内部の燃料フィルターを見ると・・・チョッと腐食してますね!まずはキャブレターを分解してみました。
刈払機に搭載されているキャブレターは4ストロークエンジンも2ストロークエンジンもほとんど同じ構造です。
分解しながら燃料を制御する内部のダイヤフラムを綺麗にはがしてみるとアラマ!やっぱりキャブレターも腐食してました。(写真がピンボケになってますが)
エンジンが始動しなかったのは燃料に水分が混入してキャブレター内部で腐食を起こし、燃料詰まりを起こしていたのが原因です。
水分が混入する原因は、ガソリンを保管している容器や刈払機の燃料タンク内部の結露や雨降りの日の給油、エンジンを水洗いをした等のさまざまな理由が考えられます。
劣化した燃料の詰まりはキャブクリーナーを使ってキレイに溶かして洗浄出来ますが、キャブレターの材質であるアルミが腐食した部分の除去はとても厄介です。
キャブレターを完全に分解し、燃料が通る小さな穴はキャブクリーナーとパーツクリーナーを吹いて、白く腐食した箇所は手作業で出来る限りこすり落としてみたけど始動が困難で、始動してもアイドリングの不安定や吹け上がりが悪いです。
燃料が通る穴の奥も腐食で詰まって除去出来ない場合は、残念ながらキャブレター交換になります。(燃料フィルターも同時に交換します)

関連記事

  1. 寒冷地での草刈作業

  2. ホンダ刈払機の販促品

  3. 発送準備(今夜は寒いよー)

  4. 背負い式刈払機の梱包作業です

  5. 涼しぃ~!

  6. オイルだらけ

  7. ホンダ刈払機の発送準備

  8. 早く梅雨明けすればいいですね!

  9. 刈払機のクラッチが・・・

アーカイブ