週の初めは修理から

朝イチでパワクロトラクターのクローラが田んぼで外れたとのSOSで来ました、代かき作業なのでお客さんは田植えがまだあります。

クローラは水に浸かってる下側のローラーから全て外れており、水が入った田んぼの中で直す際にもジャッキアップが必要です、良く考えながら焦らず慎重に作業します。(緊張するよ〜怖いよ〜)

アワーメーターを見ると整備が必要な時期です、クローラー関係の部品も交換が必要なのでシーズン終了後は絶対点検整備しましょうね!

頑張ってクローラの修理を終えてお店に戻ると草刈機等の持込修理依頼が数台入ってて2人のサービス担当が取り掛かっていました、田植えが落ち着いたので草刈りシーズン到来ですね。

私も手が空いたので工場で刈払機を修理します、始動は良好だけどすぐエンストする症状でプライマリーポンプを押すとポンプが裂けてて黒い燃料ホースもキャブレターの接続側で裂けてました。

キャブレターを外してプライマリーポンプを交換、燃料ホースはタンクグロメットと一体に変更されたグロメットセットを交換して修理完了です。

キャブレターのガスケットパッキンや燃料フィルター、リターンホースは機能しているので問題無しです。

背負い動力噴霧機の水漏れ修理も入ってきました、ポンプケースが凍結して思いっきり裂けてエンジン側には割れたポンプケースの一部とメカニカルシールが見えます。

メーカーを問わず動噴は凍結防止のため、水抜きが必要ですよ。

関連記事

  1. 刈刃クランクのガタつき

  2. 7条植!

  3. 部品が無くて、ダメ元の応急修理

  4. 中古コンバイン試運転

  5. 稲刈りシーズン前の整備

  6. 田植えシーズン終盤です

  7. ダイナマックス!

  8. 午前様でした

  9. 夕方から夜にかけて大変でした

アーカイブ