エキパン入手!

ホンダパーツへ問い合わせすると既に供給終了・・・でもこの部品は電装部品メーカー製です、知り合いの先輩が自動車電装修理の仕事をしてるのを思い出してダメ元で電話してみたら入手可能でした(やったー!)

グローブボックスとブロワユニットを外せばエキパンに手が届くので自分で交換出来そうなので、今までの修理内容と現在の症状を話してエキパンや取付に必要な小部品の手配と同時に前回交換したばかりのレシーバーという部品も同時交換が必要なので一緒に注文して手に入れました。

エキパンから伸びた細長いパイプの先には冷気を調整する感熱筒があり、配管の外部にクリップで固定されて断熱材で覆われてました。(細いパイプが周りに接触しないように曲げ具合と感熱筒を同じ位置に固定しなければ冷却能力を発揮しません)
150801-1 150801-2
お盆休暇中までには頑張って完成させたい思いますが狭い場所での作業です、エバポレーターのコアに工具や手をぶつけてキズをつけないように細心の注意が必要で失敗すればさらに大事になるので心配より緊張してきました、要領良くスムーズな作業が行えるように交換する日まで作業手順の構想を練ります。

エアコンの修理をミスしたショックでマニホールドゲージを外さずに中途半端で放っておいたたせいでガスが抜けてしまい、環境汚染をさせてしまいました、(ごめんなさい)クーラーガスも調達しなきゃ!

関連記事

  1. サンバイザーの修理

  2. 今度はブレーキ関係

  3. 板金修理から帰ってきました

  4. エアコン点検

  5. ホンダ レジェンドKA7 やっぱり、また乗りたい

  6. エアコン、うーん?

  7. ABS、効くかな?

  8. 高圧ホースの交換

  9. 排気温警告灯

アーカイブ