取付穴が?無い!

121020-1121020-2
121020-3121020-4
121020-5121020-6
忙しかった秋の稲刈りシーズンもようやく終わり、前回板金塗装を終えたホンダレジェンドKA7の部品を取付しようと段取りしていましたが、、、あれ?部品の取付穴が1箇所無い!?(心がちょっと凹みました)
ボロボロに錆びてたので、取付穴が無いと思って作業したんでしょうね~。
仕方がないですね、気をとり直して塞がれたサイドシルの穴あけ作業を検討します。
まずは部品の寸法を定規で測って穴空け加工しますが、マジックで印をつけてドリルで穴を開けた後にヤスリで慎重に削って、こんな感じで完成しました。
次回は絶対に融雪剤に「勝つ」ためにサイドシル内部にサビの進行や再発を防止するセプター101Pをガッチリ塗ります。
でもどうやって塗ろうかと思うとコレも悩みの種です、完成まで先が長くなりそうです。

関連記事

  1. サンバイザーの修理

  2. ホンダレジェンドKA7 板金修理で入院です

  3. 一定走行の異音&振動でレジェンド入院中

  4. お正月も、車イジりです

  5. ブロワユニットの分解

  6. おクスリ注入!

  7. エアコン点検

  8. 修理完了、かな?

  9. ホンダ レジェンドKA7 やっぱり、また乗りたい

アーカイブ