まだまだ現役です

110801
管理機(耕うん機)のエンジンが始動しないとの故障でお客様宅へ修理に行ってきました。
お客様が使っているホンダの管理機、いつ見てもキレイですね。
キャブレター内部の燃料を抜き取って、すぐに直りました。
この型は1976年~1982年の間に販売されたF400という管理機にアタッチメントの中耕ロータリーを装着したタイプで現在も現役で活躍しており、他に同じ型を見かけてもエンジンが不調でボロボロの状態ばかりなので、こちらでの手入れの良さには頭が下がります。
ここまで程度が良いと、代替しませんか?ってチョット言いづらくなりますね。

関連記事

  1. ピアンタ 購入記念品(数量限定)

  2. ホンダ耕うん機 サラダFF300が新しくなりました!

  3. ホンダ 耕うん機 F402へバトンタッチ!

  4. 膨らんでサビた携行缶は、処分します。

  5. 耕うん機の爪が回らない?

  6. サラダからサラダへ代替えです

  7. 展示会準備と、発送準備です

  8. ホンダ ミニ耕うん機が人気です (えっ、ピアンタが全国で60…

  9. ホンダ ガスパワー耕うん機 ピアンタFV200 発表!

アーカイブ