朝の動作確認

140420
4月に入ってから毎日ずっと天気が続いて農作業も捗っていますね、納品や急な修理依頼の対応で毎日忙しく過ごしています。
今日は休日ですが明日から出張で不在のために昨日注文頂いたホンダ耕うん機F220の発送準備、箱から取り出してこれから組み立ててエンジンオイルを入れて動作確認をします。
このホンダ耕うん機F220こまめは耕うん機の中ではベストセラー機で、チョッとした耕すコツさえ掴めば頼もしい耕うん機になります。
タイヤの付いた耕うん機と比較してリーズナブルな価格の割に耕うん幅が広くて別売りのアタッチメント作業機も豊富でいろんな作業が出来るし、耕うん幅も狭めて畝の間を耕す事も出来ます。
他社でもF220こまめと同等の機種がありますが、家庭菜園などで簡単に操作できるこのタイプを出したのはホンダが初めてで、後から他社が追従して同様のタイプが発売されました。
1980年に初代のホンダこまめF200がデビューして以来、ロングセラーの耕うん機です。
その後農家のお客様の要望でこまめより1ランク上の本格的なパンチ・エックスF402やF502、畑の面積が少しでこまめより小さくてリーズナブルな耕うん機のプチなFG201やピアンタFV200があり、タイヤの無い耕うん機シリーズの中ではこまめF220が1番売れております。
簡単な耕す「コツ」を覚えて使ってみたいという方にオススメですが、「コツ」要らずにカンタンに耕したい方はタイヤが付いたタイプのサラダやラッキーシリーズをオススメします。

関連記事

  1. ラッキーからサラダへ選手交代

  2. ピアンタを動かしてみました

  3. ボロボロですねー

  4. ディーゼル耕うん機からサラダへ

  5. 人気の畝立て作業機

  6. ピアンタが再入荷しました

  7. 原因は、コレでした

  8. 今日もテキパキと、パタパタと

  9. ピアンタFV200のカセットガスボンベについて

アーカイブ