キズだらけの発電機

100424-1100424-2
100424-3100424-4
100424-5100424-6
発電機のエンジンがかからないので診て欲しいとサービス工場へ持込修理された発電機ですが、外観は写真のとおりすごいキズだらけ・・・ハードに使ってますねー!
北越工業(AIRMANというブランド名)で販売されている水色の発電機ですが実はコレ、OEM製品でホンダが製造元のインバーター発電機EU16iと同じで色違いなだけなんです。
燃料はok、キャブレターもokで、スパークプラグは火花が出ないのでエンジンオイルが減ってオイルアラートが作動したと思い、オイルの量を確認しましたが異常無しです。
次にエンジンスイッチの配線を外してスターターロープを引くと・・・すぐにエンジンが始動して調子は絶好調!さすがホンダエンジンです(原因はエンジンスイッチの故障でした)
ここまで使い込むのであれば、エンジンスイッチを操作する回数も相当の回数でしょうね。
次に発電機を代替の際にはOEMメーカーじゃなく、「赤い」ホンダオリジナルの発電機を買ってくださいね!

関連記事

  1. エネボがタップリ入荷しました

  2. 発電機の奥にあるのは

  3. 生産が安定してきました

  4. エネポの本物はまだ・・・

  5. 発電機、入荷しましたが・・・

  6. まずは、エンジンオイル注入です

  7. 屯所へ発電機の納品

  8. 発電機の燃料抜き取り作業(EM23・26、EB23・26、E…

  9. エネポが入荷しました!

アーカイブ