納品、チョット緊張します


先月ホンダ発電機の見積を会社関係から依頼されてご注文を頂きました。

農繁期シーズン後の農業機械の点検整備や故障修理と冬が到来する前の除雪機の点検整備や修理依頼の引取や配達、スケジュールの合間に納品日を調整して納入先の営業所へ本日お届けです。

納品と同時に各部の名称とエンジンの始動方法や発電機の使い方、保管の仕方を説明するのですが、エンジン付きの様々な農業機械に慣れた農家のお客さまではないので理解しやすいように用語の意味や理由も説明しています。(例えばチョークとか燃料コックの必要性等)

車で運転しながらどういう風に説明すれば理解して頂けるだろうか、どんな口調で喋れば印象深く覚えてもらえるか等、考えながら悩みながら・・・緊張しますね。

関連記事

  1. まずは、エンジンオイル注入です

  2. インバーター発電機+LED投光器

  3. 発電機の奥にあるのは

  4. 膨らんでサビた携行缶は、処分します。

  5. 定期的に始動させても不調になる原因は・・・

  6. 俺としたことが・・・

  7. 出張前の発送準備

  8. 発電機の追加納入

  9. エネポの本物はまだ・・・

アーカイブ