定期的に始動させても不調になる原因は・・・

151007

災害のために常備している学校備品の発電機がエンジン不調の修理依頼で持ち込まれました。

定期的に何度かエンジンを始動していたそうですが最近エンジン回転が不安定になったとの事で燃料が詰まり気味と判断して分解するとご覧の通り、キャブレターの内部は劣化したガソリンで内部が汚れてました。(ダメージが軽かったのでキャブクリーナーを使ってキレイに掃除してすぐに直りました)

定期的に何度かエンジンを始動させて動作確認をしても燃料の消費量は少しでなので燃料タンク内に入っているガソリンは月日が経つにつれて劣化してゆきます、数ヶ月おきに燃料タンク内のガソリンを入れ替えが必要ですので忘れずに行って下さいね。

関連記事

  1. 発電機の追加納入

  2. EU9i エンジン不調

  3. ホンダ 三相発電機 ET4500

  4. エネポの本物はまだ・・・

  5. レトロな小型発電機

  6. キズだらけの発電機

  7. ホンダ発電機 EU16i

  8. 今夜のテレビ番組で

  9. 燃料の抜き取り作業(EU9ientry・EU9i・EU16i…

アーカイブ