火が出た除雪機の引取作業

火が出た友人の除雪機を引取するため、電動ウインチを持参して参上しました。

エンジン始動ミスの際にエアクリから火が出るという事は燃料や点火系の疑いです、スパークプラグを交換して燃料を入れ替えすれば始動出来るかもしれないけどココではやめときます。

引火した箇所は燃料ホースです、キャブレターに接続されている所が劣化してガソリンが滲み出てました。

会社の外で始動チェックです。(水を入れたバケツを準備して)

新しいスパークプラグに交換してエンジンを始動させたら始動性が良くなりました。点火コイルじゃなくて良かったですね。何回も始動させましたが問題無いようです。

昨シーズンからの古い燃料の使用→スパークプラグが頑張り過ぎて不調→点火ミスでキャブレターに接続されている燃料ホースが劣化して亀裂が発生→滲み出たガソリンに引火・・・小屋の中で起きたら大変だったでしょうね。最悪燃料タンクのガソリンにも引火して大爆発を起こします。

この古い除雪機は使い勝手が悪くので後日、中古のホンダ除雪機が入って来たのでお届け&性能の良さに満足してもらいました。

関連記事

  1. 沿岸へお届けです

  2. 走らない除雪機

  3. 昨日と同じ症状の修理でした

  4. 除雪機納品

  5. 除雪機は、は早目にお届けを

  6. ユキオスの出番です!

  7. ホンダ除雪機 2012年モデル

  8. 本日発表!ホンダ ブレードタイプ除雪機 SB800「ユキオス…

  9. コレって、 使い過ぎ?

アーカイブ