火が付いた除雪機の修理です

中古のホンダ除雪機を買ってもらいましたが、前の除雪機を職場て使うとの事で修理する事になりました。

 

劣化した燃料ホースの交換ですが、ホースの配管がフライホイールの裏側、セルモーター取付部付近の穴を通して燃料コックへ・・・すんごく面倒くさそうです。

除雪機とエンジンはそれぞれメーカーが違うので後々の事も考えずに搭載しているのでしょうか?燃料タンク、ファンカバー、フライホイール、セルモータ、ハンドル固定部も分解しなければ交換出来ません・・・

完成は急がずに年明けでもokとの事ですが・・・何なんだこの作りは!とボヤきながら分解します。(複雑なのでカメラで撮影しながら分解します)

関連記事

  1. ホンダ大型除雪機 HS1810Zが入荷しました

  2. 中古 ホンダ除雪機の購入ありがとうございます

  3. 中古ホンダ除雪機HS970の整備が完成間近です

  4. 整備完了! 中古ホンダ除雪機HS970 (09年10月24日…

  5. ホンダ クロスオーガ除雪機の新聞記事

  6. 初荷です!

  7. 走らない除雪機

  8. 雨じゃなく、雪でした!

  9. 今日こそ早起き!

アーカイブ