オイル入れ過ぎの、修理です

除雪機を保管してた車庫から外へ動かす前にエンジンオイルを足したらマフラーから白煙が出て困ったとのSOS、車庫から外へ動かすだけで辺りが煙だらけになったそうです。

写真では見えにくいと思いますがオイルゲージのレベルは上限オーバーでこのまま使用すれば大きな故障にもつながります、ほんの少しだけ動かしてエンジンを止めたので良かったですね。

まずはエンジンオイルを全て抜いたオイルを見ると規定量の1.5倍位あります、そして新しいエンジンオイルを規定量入れてエンジンを始動させて煙がモクモクと出るのと同時にと共マフラー内部に溜まったオイルも霧状に少し噴き出しますが仕方がありません。
(しばらく空運転すると徐々に煙が出なくなりました)

エンジンオイル量の確認はエンジンが平らな状態でオイルゲージ上限まであれば大丈夫です、心配だから念のためにと考えてゲージを超える位にエンジンオイルを入れ過ぎないようにお願いします。(外での作業・・・今日は寒かった)

関連記事

  1. 寒波で雪降り

  2. 腐りすぎて、直せません

  3. HSM1590i、入荷しました!

  4. ホンダのクロスオーガ除雪機、イイですね!

  5. 除雪部の高さ位置変更

  6. 当地の観光地で、試運転です

  7. 野ざらしの除雪機修理

  8. 中古 ホンダ除雪機 HS760 (08年12月27日 ご成約…

  9. 美味しいお店にホンダ除雪機

アーカイブ