除雪機走行不能の修理依頼

ホンダ小型除雪機HS970が走行出来なくなったとの修理依頼です。(購入して頂いてから結構年数が経つので走行ベルトかな?)

何処が原因なのか診に行くまでHST切替レバーを自走から手押しに切り替えて邪魔にならない場所へ移動してもらい、走行ベルトを持参して伺いました。

赤いベルトカバー左下のプレートを外してライトを照らしながらベルトの状態を確認すると異常無しです・・・

走行クラッチレバーを握るとベルトが張られている感触が有り、変速操作が出来ない状態になっているのでレバーの付根にあるケーブルを良く見ると切れてました、ケーブルの中は網込のワイヤーじゃなく針金のタイプです。

頻繁に壊れる箇所では無いため部品は在庫してませんので部品注文しましたがメーカーは年末年始休暇に入っているため部品の入荷は年明けになります。

でも年末年始は雪が降る予報ですので変速操作が出来るようにケーブルを90度曲げて直接ワイヤーを前後させて前後進走行出来るように応急処置をしました。

切れ端に指を引っ掛けて怪我をしないよう、丁寧に気をつけて操作するよう伝えて年明けにまた来ます。(シーズンが終わったら点検整備をしましょうね!)

関連記事

  1. 中古ホンダ除雪機HS970の整備が完成間近です

  2. 沿岸へお届けです

  3. 腰は痛いが休日出勤

  4. 納品後の恐怖

  5. ガソリンの劣化

  6. 腐りすぎて、直せません

  7. 山間地は、積もってますね!

  8. HS1390iのオーガハウジング交換

  9. コレって、 使い過ぎ?

アーカイブ