クローラのたるみは・・・

161015-1 161015-2

161015-3 161015-4片側のクローラが伸びたので張り調整をして欲しいとの依頼、何故片側だけと考えながら田んぼに行ってよく見ると・・・ローラーのベアリングが居なくなってました!

クローラの張りが弛んだのはローラーのベアリングが壊れたのが原因で昨日からおかしかったそうで、途中でローラーが脱落しなくて良かったけどココの修理は気が滅入りそうになります。

重量が3トンもあるコンバインなので作業前の準備は慎重です、平らな場所に移動してもらって手で泥をかき分けながらクローラを外しました。

通常はオイルシールやベアリングの交換で修理が済むけど、壊れた状態で動かしてたために残念ながらローラーもフレーム軸もダメになってました。

反対側のローラーはガタ付きが無いから修理完了後はすぐに作業続行するそうで、壊れない事を祈ってます。

関連記事

  1. 農業機械納品後の儀式

  2. 自走草刈機の試運転

  3. クボタ夢農業2007

  4. 計量機の代替えです

  5. 趣味はおあずけ

  6. ココでは直せません

  7. 新規のお客様からの修理です

  8. 今日は娘の卒業式です

  9. 帰り際のサービスコール

アーカイブ