究極の応急処置?

広い駐車場の雪を片付けるのに好評の日立のミニローダーが除雪作業中に突然エンジンが不調になって止まったと急ぎの修理依頼で伺ってみるとエンジンオイルやプラグはOKで、燃料もキャブレターまで来います、悩みながらキャブレターの外観をよく見るとエアスクリューが脱落して?無くなっていました。
空気と燃料の混合調節する役目のエアスクリューには緩み止めのスプリングが付いてるので脱落してしまうなんて初めての症状で、不思議でなりません。

部品が入荷するまでの間は応急で使えるようにと考えてひらめいたのはエアースクリューが付いてた穴に綿棒をねじ込んでみました、綿棒だと密閉しないので空気と燃料のバランスが何とかとれて結果はバッチリです!
会社に戻ってミニローダーの部品表を見るとエアースクリューの単品注文は出来ずキャブレター丸ごとの注文しかなく?搭載されているエンジンメーカーのスバルに問い合わせすると単品注文はやはり不可能で、キャブレター丸ごとの交換しかないという結果なのでチョット納得行きませんね!
いろいろ調べると他メーカーの耕うん機に搭載されているエンジンのキャブレターが同じ形状なので部品表を見ると単品注文可能なので早速注文しましたが、他社製のOEMエンジンが搭載されているメーカー対応が違うのはどうしてなんでしょうね。

関連記事

  1. Honda SNOW SHOP

  2. 鉄枠状態で

  3. 中古 ホンダ除雪機 HS760 (08年12月27日 ご成約…

  4. 減り過ぎると、危険ですよ

  5. 大型除雪機の部品交換

  6. 飛びますねー

  7. HSM1590i、入荷しました!

  8. 雪、ガンガン飛ばします!

  9. 膨らんでサビた携行缶は、処分します。

アーカイブ