修理配達して、もう一軒修理です

修理機を配達してもう一件、中型ハイブリッド除雪機の走行部で片側のクローラが走らなくなってランプが点滅するとの故障修理でお客様宅へ向かいました。(ハイブリッド走行・・・モーター?ユニット?ブレーキ?・・・何が原因なのかすごく心配でした)

キースイッチON、エンジン始動、少しだけ走行させると片側は走行せずエラー点滅も無し・・・走らなくなった左側のクローラを見たら駆動ホイールのピンが無くなってました!重症な故障じゃないので安心しました。

除雪機の周囲を探したら運良く取れたピンを見つけました、早速取付しますが駆動ホイールのピン穴が摩耗して大きくなっているため抜けたのでしょうね。

ピンが抜けないように応急で穴が微妙に小さい平座金の穴をヤスリで削って取付してから割りピンを取付して修理完了、あちこち走行しまくりましたがエラー点滅も発生無しです。

ピン穴が摩耗した駆動ホイールの交換を勧めて帰ります。

関連記事

  1. 寒波で雪降り

  2. グリグリし過ぎてクローラが・・・

  3. 今日こそ早起き!

  4. 蜂が冬眠中

  5. 重いんだよなー

  6. エンジンが超全開?

  7. 除雪機の入荷状況ですが・・・

  8. やっと 除雪機が1台入荷

  9. 腐りすぎて、直せません

アーカイブ