ABSユニットのピストン外し

140202-1.JPG140202-2.JPG
オイルが漏れた原因の穴が空いたメクラ栓は単品部品では入手出来ず、似たような部品を扱っている会社に問い合わせしてもお返事は???なので、異常な圧がかかれば取れるようにシリコンガスケットボンドで穴を塞いてしまいます。
(前回ABSユニットの高圧ホースを交換した時にブレーキフルードを入れ直して面倒なエアー抜きまでしたのに、また専用工具を使って高圧のブレーキフルードを抜いてからという、安全のため分解前の手順どおりの作業になります)
一応、点検のためABSユニットからピストンカバーを外してついでにシリンダーと一体のピストンアッシ4本を抜き取ってみましたがシリンダー側にはOリングが付いており、変形気味なのでOリングも交換します。
まずはこのOリングを交換したいので部品表を見るとピストンカバーのOリングは注文手配可能、ピストンシリンダーに付いている8つのOリングの単品注文は出来ずピストンアッシ(供給終了)のみでした。
また、Oリングはサイズ以外に材質や規格があるのですが、部品表には品番しか表示されていません。
(農業機械でもメーカーを問わず品番しか記載されていないのがほとんどです)
ここまでやってきたからには後には戻れませんね。(あちこちバラすたび思ってますが)
Oリングのサイズを測ってOリングを販売しているネットショップ数社に材質や規格の問い合わせをしたのですが、???でした(悲しくなります)
で、自分なりに時間をかけて調べて材質や規格を調べてネットじゃなく近辺の部品工具商社を見つけて問い合わせしたら入手可能でした!入荷まで一週間ぐらいかかりますがもう、頭を悩ます訳じゃないので十分待てますよー。

関連記事

  1. デントリペア修復!

  2. トホホのガス抜け

  3. マグナの冬眠準備

  4. 冬タイヤ交換→温泉へ

  5. エアコン修理、完了かな?

  6. マグナのエンジン修理

  7. レジェンド直りました!

  8. エアコン点検

  9. ABS修理完了!?

アーカイブ