芝刈り機の修理です(その2)

前回の芝刈機修理の続きです。
雨降り続きで急がない修理でも早く直したいです。
130725-1刈刃の動力伝達を修理してからエンジン始動困難の原因を調べているのですが、燃料系統は異常無しで電気系統もスパークプラグも正常に火花が飛ぶし、私の頭の中は???マークがいっぱい出てきます。
130725-2疑問なのはスターターロープを引いた時に初爆するが始動しない・・・タイミングがズレた感じで、工場長にも症状を診てもらうと点火タイミングがズレているのではないかと言われて・・・怪しいのは点火マグネットが付いているフライホイールの位置を固定させるキーですね!
フライホイールをクランクシャフトから外すと位置を固定させるキーがちぎれており、プラグに点火させるタイミングがズレたのが原因でした。
130725-3交換部品はキーと削れたフライホイールですが古めの芝刈機のためなのか、フライホイールだけ納期が1ヶ月以上かかるのでダメ元でフライホイールの傷ついた取付穴を研磨して新しいキーを取付して組み立てたら見事にエンジンが直りました。
130725-4作業中に大きな衝撃がかかってフライホイールの位置を固定するキーが潰れたのかな?
早とちりして点火コイルも注文してましたが、コイルは無用になっちゃいました

関連記事

  1. グラスパの保管

  2. 芝刈り機HRS536が入荷しました

  3. 今日もテキパキと、パタパタと

  4. 芝刈機の切れ味が・・・

  5. 出張前の発送準備

  6. 芝刈機のハンドル折りたたみについて

  7. HRS536の発送準備

  8. ホンダ 新型芝刈り機 HRX537C2

  9. ホンダ芝刈機の修理

アーカイブ