はじめての耕うん機 プチな

130330-1
耕うん機選びの相談で来店されたお客様との商談でホンダのミニ耕うん機プチなFG201を購入頂いて今日は試運転、石灰を散布した畑を耕します。
初めて農業機械を使われるのでエンジンの始動方法をじっくりと教えて、耕うん作業を私が操作しながら説明&1往復だけ耕してお客様と交代して操作に慣れるま操作してもらいました。
130330-2
畑の面接が少ない家庭菜園のお客様が今回選んだタイヤが無い車軸タイプの耕うん機は、耕すコツさえ体で覚えてしまえば安定した操作で快適に作業出来ると思います。
130330-3
お客様が作業中の写真はもう、3往復ぐらい耕しているので土が細かくフカフカになってます。(冬眠中のカエルもビックリして耕した土の中から出てきました)
130330-4
1回目の耕うん作業は荒起こしで、2回目以降の耕うん作業で土が細かくなり、フカフカに土が耕されると耕うん機の操作が楽しくなってきますよ。
あと、シーズンオフ時の燃料抜きも大事ですので忘れないで下さいね。

関連記事

  1. ホンダ ミニ耕うん機にスパイラルローターを取付

  2. 原因は、コレでした

  3. パープル培土器の組立

  4. 間違えた!

  5. 膨らんでサビた携行缶は、処分します。

  6. ラッキーからサラダへ選手交代

  7. 手作業の鍬から機械へ

  8. 秋やさい作りの準備です

  9. 初めての耕うん機

アーカイブ