今度はブレーキ関係

1ヶ月半ぶりの休みで今回は3連休!嬉しいです。
で、今日はお店の倉庫にあるレジェンドのABSモジュレータ周辺からブレーキオイル漏れを見つけてたので原因を探します。
その前に久しぶりにエンジンを始動させてエアコンスイッチをON、前回交換したクーラーコンデンサに接続されている配管関係からのコンプレッサーオイルやガス漏れも無くバッチリ動いてます。
131102-0
ブレーキオイル漏れの修理は最悪ABSモジュレータユニットやABSポンプを分解する事態も考えてブレーキオイルを抜いて、付近のワイヤーハーネスやブラケットを丁寧に外します。
でもABSユニットの内部はブレーキオイルが高圧の状態になっており、修理の際には危ないので高圧オイル抜き取る専用工具が必要で・・・仕方なく?ABS-Tレンチを買っちゃいました(もう、ドツボにハマってます)
131102-1131102-2
131102-4131102-3
エンジンの熱を遮るプレートも外すのですが、コレのボルトを緩ませて外すのにスペースが狭くて大変!長いTレンチを使うため、ストラットタワーバーも外しました。
プレートを外す作業中にポンプとユニット間にある高圧ホースからオイルが滲んでいるのを発見、指で押してみるとジワーッとオイルが滲んでホースの被膜もグニャーッてなるからABSモジュレータユニット周辺に漏れたのは高圧ホースが劣化したのが原因のようです。(ユニットやポンプを外さなくて済んだので安心しました)
交換する部品を注文したので、次回へ続きます!

関連記事

  1. 登録復帰したいけど・・・

  2. コーナーランプの修理

  3. ABS修理完了!?

  4. マグナ50の燃料漏れ点検

  5. ホンダの腕時計

  6. マグナの冬眠準備

  7. デントリペア修復!

  8. レジェンド直りました!

  9. ブロワユニットの分解

アーカイブ