手作業の鍬から機械へ

100420-1 100420-2
今までトラクターを使って畑を耕うんした後、クワを使って畝作り作業をしているお客様に畝作り作業をメインにホンダ ミニ耕うん機 こまめF220と別売りオプションのイエロー培土器を購入していただきました。
(カンタンに畝作りが出来たので喜んでいただきました)
今回は畝たて作業がメインで購入していただきましたが、もう一度畝を作り直す場合の畝崩し作業にわざわざ大きなトラクターを使わなくても、こまめF220を使用すれば畝の埋め戻し作業がカンタンです。
今度はイエロー培土器を外したら今度は抵抗棒を取付して耕うん作業で一度作った畝を崩して練習してみましょう!(上手ですよ~)
抵抗棒を外して別売りアタッチメントの脱着作業は工具不要のピン1本で交換が出来るのでカンタンです。

関連記事

  1. ディーゼル耕うん機からサラダへ

  2. 快適な耕うん作業です

  3. 初めての耕うん機 part2

  4. 交通事故?

  5. ロータリーのオイルもれ修理

  6. 緑のピアンタ

  7. FU750Lの出張点検

  8. ホンダ耕うん機 折込チラシ

  9. ボロボロですねー

アーカイブ