ホンダ刈払機のクラッチケース交換

初期タイプに装備されていて使いやすかったファインスロットルレバーの部品交換で修理を終えたホンダ刈払機です。

動作確認でエンジン始動、スロットル回転を上げて刈刃が回転するとクラッチ付近からゴロゴロ音がします。

樹脂タイプのクラッチケースに組み込まれたベアリングがお疲れ気味ですね
(圧入されているのでベアリングのみの交換は出来ません)

クラッチシューやクラッチドラムはまだ大丈夫でした、樹脂タイプのクラッチケースは製造番号によって数種ございましたが、1種類に統合されました。

 

関連記事

  1. 踏まれた刈払機

  2. パワフルなホンダ刈払機 UMK435が売れてます

  3. 刈払機の部品交換

  4. 刈払機のクラッチが・・・

  5. 今日もテキパキと、パタパタと

  6. 草刈職人

  7. 刈払機の、エンジンが脱落?

  8. 刈払機始動不能の原因

  9. 買ったばかりなのに

アーカイブ