買ったばかりなのに

101016
まだ新しい刈払機のエンジンが始動しないと修理依頼がありました。
まずは診断、エンジンを始動させようとスロットルを最低速、プライマリーポンプを押してチョークを閉じてスターターロープを引くとマフラーからの圧縮音が静かです、もしかすると・・・
マフラーの穴が土で塞がれており、土蜂が虫などを捕まえてて巣を作ってました。
ドライバーでマフラーの穴を突付いた後は調子よくエンジンが始動し、エンジンを吹かすとマフラーから???が勢い良く飛んでいきました。

関連記事

  1. パワフルなホンダ刈払機 UMK435が売れてます

  2. 今日はお休み

  3. 刈払機のネジが取れない

  4. 今日もテキパキと、パタパタと

  5. 厄介な水の混入

  6. 刈払機と、ヒナ鳥

  7. 軽トラック代替

  8. 部品は換えずに代替えして頂きました

  9. 刈払機の修理とか

アーカイブ