燃料コックがダメになってました

  

除雪機のエンジンがかからないと言う修理依頼です。新品で購入されてからバッテリー交換以外は故障する事なく何年も活躍されてましたが、今回は修理の際に必要になりそうな部品を準備して修理に伺いました。

キャブレターの燃料の排出ドレンつまみを緩めると燃料が出てきません・・・外したフロートチャンバーの中は劣化した臭いガソリンが溜まってます、燃料コックを止めた状態でキャブ掃除をしているとガソリンがジワジワと出てくるのでキャブレター掃除と同時に燃料コックを交換します。

燃料コックを止めてエンストするまで空運転させた状態で長期保管していたため、燃料タンクにずっと入れっぱなしのガソリンが劣化して燃料コックに組み込まれているパッキンが機能しなくなり、少しずつキャブレターに流れ込みながらさらに劣化して内部で燃料詰まりを起こしたのでしょう。

除雪部の摩耗したスクレーパーの調整とスキッドを交換+オーガとブロワのロックボルトを増し締めして修理完了、古い燃料は完全に抜き取って入れ替えしました。

除雪機は冬の短い期間だけの稼働しないので、シーズンオフ時の長期保管は燃料タンク〜コック〜キャブレターまで全てのガソリンを完全抜取する事が必要です。

関連記事

  1. 除雪部からの異音

  2. 走行ベルトに傷?

  3. 初雪、重っ!

  4. ちょこっとの積雪ですが試運転です

  5. 中古ホンダ除雪機HS970 (08年2月14日 ご成約しまし…

  6. 中古ホンダ除雪機の整備

  7. クロスオーガ除雪機、販促品だけ入荷

  8. 除雪機走行不能の修理依頼

  9. バッテリー交換のついでに

アーカイブ