除雪機オーガ交換

071218-1071218-2
お客様から除雪機の修理の相談をされて診てみると・・・除雪機のオーガ先端のギザギザが摩耗してツルツルになっており、スクレーパーやスキッド(そり)も半分以上磨耗していました。
これでは固まった雪を砕きにくいでしょうね。
全体的に程度も良く、使用年数の割には磨耗が早いので今までどのように作業していたのか聞くと、丁寧に除雪しようとしてオーガを地面一杯に押しつけた状態で除雪作業してたそうです。
(でも舗装は痛んでなくて良かったですね)
チョットだけ払い残ってしまった雪は、お日様が出てしまえばすぐに融けてしまうので、舗装での除雪はオーガ高さが軽く地面に触れるか触れないかの位置で作業すればベストですよ。

関連記事

  1. サビだらけのモーター

  2. 昨日と同じ症状の修理でした

  3. ユキオスのクローラが不調?

  4. 今シーズン最後の小型ハイブリッド

  5. 重いんだよなー

  6. 中古ホンダ除雪機HS970の整備が完成間近です

  7. 今日のお昼休みは

  8. ユキオスの取材訪問

  9. バッテリーが上がると・・・

アーカイブ