突然のエンジン異音

除雪作業中に突然エンジン音が変になって調子が悪いとお客様からの電話でエンジンの始動性も悪くなったとの事で伺ってみました。(急にババババ・・・と大きな爆発音のような音になったそうです)

まずは点火系も疑ってスパークプラグの火花を確認すると問題無しですがセルスターターを回してもエンジン始動せず・・・始動しないかわりにエンジンからシューシューと圧縮漏れの音がするのでエンジン周りを確認するとシリンダーとヘッドカバーの合わせ目が妙にススけて汚れているのでヘッドガスケット抜けの疑いでした。(汚れた合わせ目を注視しながらセルを回すと圧縮空気の漏れを確認出来ました)

今日はこの後に納品の予定もあるので軽トラに積んで持ち帰り、あとは工場長に修理をお願いしました。(ハイブリッド除雪機だからエンジンを始動させないでバッテリーだけで走行出来るので積めるんです!)

ガスケットは月曜日に入荷しますがシリンダーヘッドを外したら燃焼室内がカーボンだらけだったようです、定期的なエンジンオイル交換と常に新鮮な燃料を使用される事をお願いします。

関連記事

  1. 除雪機の作業体験です

  2. 今日こそ早起き!

  3. 中古 日立ミニローダー(08年1月11日 ご成約しました)

  4. 除雪機の積載

  5. スクラップ処分

  6. 走らない除雪機

  7. バッテリー端子の取り外しについて

  8. マイ除雪機のメンテナンス

  9. 中古 ホンダ除雪機 HS760 (08年12月27日 ご成約…

アーカイブ