重いんだよなー

数ある除雪機の中で1台だけ、気のせいかもしれませんがセル始動時の回転音が通常より少し変な感じがしました。

何度か始動させると普通通りのセル始動音だったりチョット苦しそうな音になったりします・・・始動後のエンジン回転は問題無く良好ですが、同型の除雪機とセル始動時の音を聞き比べてみましたがやっぱり気になります。

エンジン自体が原因か、セルモーターが原因かを確認するためスタートロープを引くと上死点の位置で思いっきり重くなってロープが引けません。(おお〜手が痛い・・・エンジンが原因ですね!)

このような状態でエンジン始動させたセルモーターは凄いですね。

夕方の帰り間際に気付きましたが明日も予定が沢山あるので、さて・・・吸排気バルブのクリアランスを確認してみると、コレは基準値じゃないようです。

サービスマニュアルを参照にスパークプラグを外してスタートロープを引きながらピストンが上死点の位置を何度も確認し、シックネスゲージを使って吸排気バルブクリアランスを基準値に計測&調整して修理完了!セル始動時の回転音も通常通りです。

スタートロープを引いた時の感触も通常通り、よかった!安心して帰って呑めます。

関連記事

  1. 除雪部からの異音

  2. 納品後の恐怖

  3. 除雪機の走行部修理が終わりました

  4. ベタ雪に挑戦!

  5. ちょこっとの積雪ですが試運転です

  6. ユキオス サービス講習会

  7. ガソリンの劣化

  8. 今日は早起き

  9. 積もってくる前に、お届けします

アーカイブ