稲刈りシーズン最初の現場修理

160910
稲刈りシーズンになりました!

コンバインは台風に当たらないで好天が続けば今月半ば過ぎに出始めますが、そろそろバインダーでの稲刈り作業が始まります。

稲刈りシーズン最初の出張修理依頼はバインダーの結束トラブル、依頼内容は想定内ですが結び目を作るビルに思いっきり紐が絡んでました。

分解しての掃除は時間が掛かるのでカッターナイフを使って紐をカットしながらラジペンで引っ張って除去し、絡みすぎた紐に押されて変形ガイドプレートをマイナスドライバーでエィッ!と修正

あとは紐を抑えてるヒモホルダーをウォータープライヤーを使ってホルダーバネを縮めながら、挟まってる紐のカスをキレイに掃除して修理完了です。

原因は去年買って残ってた古い麻紐を使ったためにこのような故障が起こります。(麻紐が古くなると紐切れしやすくなります)

結束紐で麻紐を使用する場合は今シーズン使う分だけ、買いましょうね!

関連記事

  1. 中古トラクターの配達

  2. 籾摺り機の故障修理

  3. コンバインのコックピット

  4. ちぎれた昇降機

  5. 程度の良いヤンマーさん

  6. 新しい田植機で、作業続行です

  7. 植えた後が変?

  8. 腐りすぎて、直せません

  9. 使用後の修理引取

アーカイブ