ゼリー状の燃料

151001
今まで順調だったコンバインのエンジンがかからなくなった?との連絡でお客様の田んぼへ向かいました。

エンジンオイルや冷却水はOKでバッテリーも良好、燃料噴射ノズル付近のエアー抜きボルトを緩ませると燃料は出てきますが勢いが若干悪いような・・・という事で燃料系が詰まっているのかな?

燃料ポンプ〜フィルタ間のホースを外しての点検は異常無しで、燃料タンクからフィルターへ接続されてるホースを外すとヌルッとしたゼリー状の変な塊?がありました。(コレって、劣化した軽油なのかな?)

変な異物を除去した後はエンジン絶好調です。

関連記事

  1. 籾摺り機の故障修理

  2. 中古コンバイン試運転

  3. 夏のスキー場

  4. 薪割り機の納品

  5. わら屑のせいで、エンジン不調

  6. トラクター納車です!

  7. クボタ夢農業2007

  8. 今日もテキパキと、パタパタと

  9. カバーを外すと、のっそりと

アーカイブ