稲刈りシーズンは終わりつつですが・・・


今年は猛暑日が多かった影響で稲刈りが早く始まったために稲刈りシーズン終盤なのですが、田植えが遅かったり作業面積が多い等の理由で稲刈りが終わりそうにない当店のお客様が数名おります。
今日は稲刈りして乾燥させた籾を剥いて玄米にする籾摺機の修理です・・・交換作業が大変で時間がかかる箇所が減っていて、あちこちガタがきてるけど今シーズンは持たせたいとの事で念のためにと事前に部品注文されてました。

作業の合間に部品交換したかったのですがシーズン中の作業量が多く毎日昼夜フル稼働中なので手掛けるタイミングが無かったのですが、ついに壊れて作業出来なくなったとの事で現場ですぐ交換作業に入ります。

ベルトやクラッチワイヤー、モミを剥くゴムロールギアケースユニットを丸ごと外してから壊れた箇所を外すのですがネジが機械の下裏からなので床に寝転がって腕を伸ばしてネジを緩めてから壊れた部品を外しました。

部品交換後の組み立ても時間が掛かるのでしんどいですね、来シーズンは新しい業務用タイプの籾摺機を買って下さいませ。

関連記事

  1. 折れたネジ

  2. 農業機械納品後の儀式

  3. 籾摺り機の故障修理

  4. 自走草刈機の試運転

  5. 納品前の開梱、組立

  6. 晴れたので、お届けしますね

  7. 冬タイヤ交換、緩まないよ〜!

  8. 夕方から夜にかけて大変でした

  9. 4度目のガラス交換

アーカイブ