芝刈機のハンドル折りたたみについて

シーズンオフ時の芝刈機、どんな風に保管していますか?

保管する場所が狭い時はカンタンにハンドルを折りたたむ事ができるのですが、ハンドルを折りたたむ際にはワイヤーケーブルが引っかけてしまわないように注意して下さい。
ハンドルが折れるハンドルフレーム支点にスロットルまたはクラッチのワイヤーケーブルが触れるとケーブルが引っかかって引っ張られたり、傷が付いてしまって芝刈機を使用する際に操作の動きがおかしくなります。
クラッチレバーの操作をしなくても効きっぱなしや操作の戻りが悪くなったり等、危険ですのでハンドルを折りたたむ際にはケーブルを確認しながら注意して取り扱いを願います。
製造メーカーや型式によってハンドルの折りたたみ方法が違うと思いますので、お使いの芝刈機の説明書を読んでください。

関連記事

  1. 芝刈り機を、隣の平泉まで

  2. ホンダ芝刈機HRG465試運転

  3. 電動芝刈機 グラスパ入荷!

  4. グラスパ、発売開始です

  5. 新しいホンダ芝刈り機と古いホンダ芝刈り機のご対面

  6. ホンダ芝刈機のお届け

  7. 芝刈り機の修理です(その1)

  8. オイル注入ok!動作ok!

  9. 2010年秋の展示会

アーカイブ