わら屑のせいで、エンジン不調

121009-1121009-2
121009-3121009-4
コンバインの燃料給油キャップを部品注文依頼されたお客様から稲刈り中に急にエンジン回転が落ちる時があると言われて田んぼに行ってみると・・・給油口には買い物袋を覆われていますがゴミが入ったのでしょうか?大きく波打った回転で稲刈り作業をしていました。
現場で燃料フィルターを交換して様子を診るといい感じです。
でも夕方また調子が悪いと連絡が入って再訪問、エンジンから燃料タンクまでの経路を調べます。(エンジンを始動させるとすごい回転が不調です)
エンジン側の燃料ホースを外すと燃料ポンプから送られる燃料がチョロチョロしか出ないので、タンクからウォーターセパレータへ接続されているホースを外すとアレマ!ワラ屑が接続口にゴソッと詰まってました。
ホコリをたてないように針金でワラ屑を取って、タンクからのホースからは燃料がスムーズに出てくるので原因はココでした。
でも燃料給油口から電灯でタンクの中を照らすとたくさんのワラ屑が混ざっているので燃料タンクの中も徹底的にお掃除です。
最後にまた各部燃料ホースから出る燃料の出具合やゴミ混入の有無を確認してエンジン始動、今度はバッチリです!
やっと遅い晩酌にありつけます。

関連記事

  1. 中古コンバインの試運転

  2. スパイダーモアの不調

  3. ホコリだらけで、オーバーヒート

  4. 中古トラクター

  5. 籾摺り機バラバラです

  6. お届けです

  7. 朝露が乾く前に・・・

  8. ローラーが、ガッタガタでした

  9. 田植ラッシュ

アーカイブ