チェンソーのエンジンが焼付け

071019-1
071019-2071019-3
お客様が来店して「エンジンが始動しない」と去年購入されたチェンソーを持って来ました
プラグも火花が出るし、燃料も来てる。
サポート付きスターターであまり圧縮感触がわかりずらいけど良さそうだし・・・燃料は?と容器にチェンソーに入っていた燃料を空けて「んんー!!コレって生ガソリンかな!?」
こういうときはマフラーを外して直接ピストンを確認します。
「ゲ!傷だらけだー」
聞いてみたら「年に一度しか使わないから間違ってガソリン入れたかも・・・」
すぐに使いたいとの事なので同じ型式の新品を購入していただきました(動作確認して渡すまでかわいそうだなーって思いです、でも本人はあまり気にしてませんが)
今度は間違えないように給油口にマジックで「混合」と書いたので絶対ガソリン入れちゃダメですよ。

関連記事

  1. 田植機の車輪交換

  2. 他の家のコンバインと比べて・・・

  3. 新しい バインダーの修理

  4. 早目に部品交換しましょうね!!

  5. パワクロトラクターの納品準備

  6. エンジンからの異音?

  7. 田植えシーズン終盤です

  8. 今度はぬかるみで・・・

  9. クローラ交換「状況中」

アーカイブ